人生2周目レベルの上手さ。ピアノで「小犬のワルツ」を弾く5歳児が凄すぎる

人生2周目レベルの上手さ。ピアノで「小犬のワルツ」を弾く5歳児が凄すぎる

ピアノでショパンのピアノ独奏曲「小犬のワルツ(ワルツ第6番)」を演奏するエヴァン・リーくん。わずか5歳、まだ小学生にもならない年齢なのに、このレベルの演奏は驚異的。「人生2周目」とか「ピアニストの幽霊が取り憑いている」とか「薬で子供の体になった」とか言われても納得してしまいそう。【関連】英カナリー・ワーフ駅の警備員が腹ごなしに弾くピアノ演奏が素晴らしすぎたホームレス歴30年、ライアンさんが演奏する

» この記事を見に行く

- 未分類 の最新記事 -

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。