コンピューターが見る世界。物体検出システムを使って見た、大都会ニューヨークの風景

コンピューターが見る世界。物体検出システムを使って見た、大都会ニューヨークの風景

ディープラーニングを用いた、Faster R-CNNと呼ばれる最先端の物体検出フレームワークにより、ニューヨーク、タイムズ・スクエアを歩く人々や車などを検出した映像。人、車、トラック、自転車、ハンドバッグなどが映像内に入ると、四角い枠で囲いつつ、そうである可能性をパーセント表示。現状まだこの程度だけど、一点を注視してしまう人間とは違って、画面内のすべてを同時に判定しているというのが凄いよね。【関連

» この記事を見に行く

- 小太郎ぶろぐ の最新記事 -

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。